PAGE TOP

世界の伝統装身具図鑑〈地域別編〉 神々の宿る銀 特設サイト

伝えたい、
銀の伝統装身具の
装いと心

古来、世界各国で創られた銀の装身具。
銀は聖なるものとされ、アイテムは頭の先から背中、
足の指先までとすべてが揃っています。
人々は身を装うためなら、
体の一部に孔を開けることさえも厭いません。
銀の装身具は厳しい自然・社会環境の中で身を守り、
生きていくための必需品であり、邪を払い、
民族のアイデンティティーを示す標識でもあります。

この装身具図鑑では、世界各地域を9つの文化圏に分け、
銀の伝統装身具407点を美しい写真とともに解説する
今までにない図鑑となっています。

ここでは本書に掲載されている装身具の一部をご紹介します。
造形美やそこに込められた想いをどうぞご覧ください。

なぜ
銀の装身具で
飾るのか

自己を美しく装うため

美しいものを身につけて自己を美しく装いたい。人間が本来もっている基本的な文化的欲求です。美しい素材が多くある中でも銀はもっとも普遍的な素材として用いられました。

邪を払い、
招福を願って

怪我をせず病気にもならず、日々幸せに暮らすことはすべての人の願いです。砂漠で移動生活をする人や山間部など厳しい自然条件で暮らす人々は、その願いを銀の装身具に託し、身を守るお守りとして身につけたのです。

信仰、宗教の証として

世界には仏教、ヒンドゥー教、イスラム教、キリスト教その他さまざまな宗教があります。信仰心の厚い人たちは、自分たちの信じる宗教のシンボルを首に掛け、腕に巻いて常時肌身離さず持っています。

財産(動産)として

銀は金ほどではありませんが財産としての一定の価値があります。何かあった場合、銀の装身具を売りさえすれば、あるいは食物と交換すればしばらくは生きていけるのです。

民族のアイデンティティー、さらには民族の誇りとして

銀の装身具は、諸民族の標識でありシンボルです。また民族の誇りというメンタルなものの表現でもあります。銀の装身具はもはや単なるモノではありません。精神性の高い、民族の心の造形となります。

世界の伝統装身具図鑑

世界には私たちの知らない銀の伝統装身具がたくさんあります。
それらを、東アジアから南北アメリカまでの9つの文化圏に分けて紹介します。

東アジア

福を呼び寄せる吉祥文様のモチーフ

01_eastasia.png
南京錠形首飾り(長命鎖)
中国/19世紀末~20世紀前半/トップ部の幅13.1cm
清王朝末期から民国(中華民国)時代に
上流階級の女性が用いた大型の南京錠の形をした首飾り。
この形の首飾りは「長命鎖(ちょうめいさ)」とも呼ばれ、
生命に鍵をかけることにより災いを避け
邪気を払うことができると信じられた。
主に子供が身につけたものだが、
このような成人女性用の豪華なものもあった。
トップ部には老若男女や花々、獅子など
縁起のいい模様がぎっしりと精緻に打出されている。
中央の3足の容器は鼎(かなえ:食物を煮るための古代の金属器)か。
05_eastasia.png
腕飾り
中国/19世紀末~20世紀前半/外径8.5cm
清王朝末期から民国にかけては
銀の腕飾りが盛んに用いられた。
中空の作りで、吉祥を意味する
蝙蝠(こうもり)の図柄が刻まれている。
02_eastasia.png
7連の首飾り
中国南部(民族:ミャオ、トン)/20世紀末頃/幅19cm
大振りな7連の首飾り。
太い銀材に切り込みを入れ、
ねじったものを重ねて作ったものだが、
この技術力の高さには驚かされる。
中空でないので、ずっしりと重い。
06_eastasia.png
大振りな耳飾り
中国南部(民族:ミャオ)/20世紀/幅4~6.5cm
ミャオ族の女性たちは耳飾りが大好きで、
ボリュームたっぷりな耳飾りで耳を華やかに飾る。
多種多様なデザインがあるが、
ここで紹介しているのはその中でも代表的なもの。
03_eastasia.png
粧刀(チャントゥ)
韓国/19~20世紀初め/長さ13~15cm
「粧刀」と書いて「チャントゥ」と読む。
チャントゥを身につける風習は古く、
高麗時代に元(げん:モンゴル民族が宋を滅ぼして
建てた中国王朝。1271〜1368年)から伝えられた。
護身のためだけでなく、装飾用として、
また勇気と倫理観の象徴として
男女とも腰帯などに下げて身につけた。
堅固な作りの左は男性用だろう。
銀の箸(はし)がセットされているものも多いが、
毒で変色する銀の特性から毒見をするためにも用いられた。
04_eastasia.png
指輪(カラクチ)
韓国/19~20世紀初め/外径2.5cm
朝鮮王朝時代の指輪には、未婚女性用の1重環の「パンジ(半指)」と、
ここで紹介する既婚女性用の2重環の「カラクチ」の2種類ある。
形はいずれも甲丸型で肉厚のものが喜ばれた。
パンジには長寿と幸福を願って吉祥文様の
蝙蝠(こうもり)が彫られることが多い。
蝙蝠は「偏福」(福が偏る)に通じるため幸運の象徴とされる。
カラクチは2環が合体することにより「夫婦一身」「二姓之合」を象徴する。

東南アジア

大陸と島々に息づく独自の装身具文化

01_southeast.png
子供用首飾り
タイ、ゴールデン・トライアングル地域(民族:メオ)
20世紀/全体の幅13cm
小振りなので子供用であろう。
メオ族(自称=モン)の人々にとって
銀の首飾りは非常に大切な装身具で、
幼年期から身につける習慣が古くからあった。
04_southeast.png
指輪
タイ、ゴールデン・トライアングル地域(民族:アカ、メオ)
20世紀/上面装飾部2~4.2cm
アカ族やメオ族の人々の指輪。
立体的な花模様は、ゴールデン・トライアングル地域に咲いた
ケシの花がモチーフだといわれる。
02_southeast.png
耳飾り
インドネシア:スマトラ島、スンバ島、フロレス島、
ティモール島(民族:カロ・バタク、スンバ、他)
20世紀/長さ4.5~12.5cm
インドネシアの島々にはそれぞれ
特有の形をした耳飾りがある。
これはスンバ島のスンバ族の「マムリ」と呼ばれる
耳飾りで、結婚の時に贈られる。
これを身につけると病気が防げるといわれ、
大きなものはペンダントとしても用いられる。

ヒマラヤ地域

装身具に込めた山岳民の祈りと幸せ

01_himarayas.png
お守りペンダント
ネパール、他/20世紀/幅6cm
ネパールやチベットで見られるお守りペンダント(護符)。
表面は「キールティムカ」と呼ばれる頭部と両手だけから成る
魔よけの力をもつとされる想像上の動物がモチーフ。
キールティムカに守られているかのように、
中には神像が鎮座している。作りは精巧で、
表面はトルコ石、サンゴ、ラピスラズリで飾られ、
中の神像はサンゴで作られている。
02_himarayas.png
衣服留め具(コマ)
ブータン/20世紀後半/1個の直径6cm弱
ブータンのキラという巻き衣の民族衣装を
両肩で留める時に用いるコマと呼ばれる装飾的な留め具。
現在でも使われている。表面には吉祥文様が施され、
裏には布を引っ掛けるための鉤(かぎ)状の金具が取り付けられている。
コマからチェーンを垂らし首飾りのような用い方をすることも多い。

南アジア

頭から足先まで飾れるところはすべて飾る

01_south.png
前合わせの首飾り
インド:ラージャスターン州、他/20世紀/幅20cm
ラージャスターン州などで見られる首飾り。
トップの前合わせ金具の所で開閉するので着脱が簡単。
この金具部に色ガラスを埋め込んで華やかに作ったものもある。
02_south.png
腕飾り(上腕部用)
インド:マハーラーシュトラ州、ウッタル・プラデーシュ州、他
(民族:バンジャーラ、他)/20世紀/外径7~10cm
上腕部を飾る腕飾り(アームレット)。
ウッタル・プラデーシュ州、マディヤ・プラデーシュ州、
グジャラート州などインド各地で見られる腕飾りで
バンジャーラ族とかランバーディ族と呼ばれる
遊動性の強い民族が好む。
03_south.png
足の指輪
インド:ラージャスターン州、西ベンガル州/20世紀
1個の幅2cm
インドは足の指輪が世界でもっとも盛んな国であり、
さまざまなデザインの指輪で足を飾る。
これはラージャスターン州のもの。大きいので親指用であろう。
04_south.png
こめかみ飾り
パキスタン、アフガニスタン/20世紀中頃/高さ 約14cm
パキスタンやアフガニスタンの遊牧民が用いた
顔の側面のこめかみ部を飾る装身具。
裏には引っかけ金具があり、
これを頭のかぶり物などに掛けて用いた。
消えかかっているが金めっきが施され、
ブルーのビーズで加飾された豪華な作り。
05_south.png
首飾り
パキスタン(民族:コヒスタンまたはカラーシュ)
20世紀/幅13.5cm
パキスタン北部山岳地に住むコヒスタン族
(またはカラーシュ族)の首飾り。
トップ部に重厚な飾りを直結した独特な形の首飾りである。

中央アジア

装身具に表れる諸民族の個性

01_central.png
花嫁用頭飾り(エグメ)
トルクメニスタン(民族:テケまたはヨムート)
19世紀/幅30.5cm
カーネリアンで華やかに飾られた
「エグメ」(あるいは「エグメー」)と呼ばれる
トルクメン人女性の花嫁用頭飾り。
スカーフをかぶせた帽子に縫い付けるなどして用いた。
連なった下げ飾りは、生殖力の象徴として、
砂漠の水溜りにいる小エビをかたどったものといわれる。
02_central.png
3連結の背飾り(ゴシャ・アシク)
トルクメニスタン(民族:テケ)/19世紀/幅 約24cm
革紐でつながった3連結の背飾り「ゴシャ・アシク」。
「ゴシャ」とは連結されたという意味。
魔よけのお守りとはいえ、美しい。
トルクメン人女性にとって、アシクはお守りではあるが、
背中の美を演出する重要な装身具だったのかもしれない。
03_central.png
指輪
トルクメニスタン/19〜20世紀/上面 約1.5~2.3cm
指輪は男女ともするが、
針仕事用の指貫(ゆびぬき)が付いているので女性用。
指貫付き指輪というのは世界でも例がなく、
トルクメン人独自のものである。
04_central.png
大型指輪
カザフスタン/19世紀/長さ32cm
カザフスタンの婚礼用胸飾り。
娘が嫁ぐ時、親は腕飾り、耳飾りなどの他、このような
布地の上に大きな銀飾りを縫い付けた胸飾りを娘に与えた。
このタイプのウエディング・ジュエリーは
カザフスタン独自のもので他の地域では見られない。
05_central.png
耳飾り
ウズベキスタン/20世紀/長さ3~10cm
主にウズベキスタンで用いられた耳飾り。
黒やブルーのガラス、サンゴ、貝などで作られている。
いずれも好みの宝石や色ガラスで加飾した色鮮やかなものが多い。

西アジア

銀の輝きに魅せられたイスラム諸国

01_west.png
護符ペンダント
イラン、他/19世紀後半~20世紀/幅6.7cm
表面にアラビア文字が彫ってある宗教色の強いペンダント。
コーランの一節が写しとられているものと思われる。
02_west.png
ベルト(腰飾り)
イラン/19世紀後半~20世紀初め/全長72.5cm
粒銀や細線で装飾したイランのベルト。
表面は二重構造になっていて、消えかかっているが
下地は赤くペイントされているようだ。
ブルーの小粒のガラスビーズが何個も見えるが、
これは邪視よけとして嵌入(かんにゅう)されたものである。
03_west.png
頭飾り(テペリキ)
トルコ/19~20世紀初め/円盤の直径13cm
特別に豪華な作りのものもあるが、これは通常で用いられた。
中央突起部には赤いガラス、円盤には模様が打出され、
縁から下げた飾りの先にはコインが飾られている。
04_west.png
サンゴの5連の首飾り
イエメン/20世紀前半/幅 約22cm
イエメンにはサンゴを用いた首飾りが多い。
この作品は大小のサンゴと粒銀のパーツを
組み合わせて作った5連のネックレス。
05_west.png
指輪
サウジアラビア(民族:ベドウィン)/19〜20世紀
表面の大きさ2.5cm
鮮やかな色のトルコ石と粒銀細工で装飾された指輪。
素朴だが力強い作りである。

北アフリカ

サハラ砂漠で輝く銀の装身具

01_northafrica.png
腕飾り
エジプト、スーダン、他(民族:ベドウィン、ラシャーイダ、他)
20世紀中頃/直径5.5~6.8cm
エジプトやスーダンではさまざまな伝統的腕飾りが使われていた。
これは、エジプトの幅の広い腕飾り。彫ってある魚には、
無事に出産することへの願いが込められているようだ。
02_northafrica.png
足首飾り
エジプト(民族:ラシャーイダ、他)/20世紀中頃/外径12cm
エジプト南部のヌビア砂漠で用いられていた
大きな足首飾り(アンクレット)。
しかし中空の作りになっているのでさほど重くはない。
スーダン北部に住むラシャーイダ族の女性も用いる。
03_northafrica.png
七宝の腕飾り
モロッコ(民族:ベルベル)/20世紀後半/直径5.7~6.5cm
モロッコにおける七宝の歴史は定かでないが、
世界の諸民族を見わたしてもモロッコのベルベル族女性ほど
七宝装飾を好む人々はいないように思える。
七宝は特に腕飾りに数多く用いられ、七宝だけのものもあるが、
七宝と色ガラスを組み合わせたものや
このように七宝とサンゴを組み合わせたものなどいろいろある。
04_northafrica.png
ペンダント(トゥアレグクロス)
ニジェール、マリ(民族:トゥアレグ、他)/20世紀/長さ6.5~8.7cm
トゥアレグ族はイスラム教徒だが、かつてはキリスト教の影響も
受けていたのではないかといわれる。
その証拠がこの「トゥアレグクロス」と呼ばれる十字の装身具である。
クロス(十字架)の形は各地域ごとに異なりさまざまな種類があるが、
すべて強力なお守りであり、また通貨として
牛や布や食品を購入する時にも使われることがある。
その中で最も有名なのが、この「アガデスクロス」と呼ばれるもので、
ニジェールのアガデスに暮らす女性の間で広く用いられた。
ニジェール以外ではマリの遊牧民もこのクロスを用いた。

ヨーロッパ

西と東で著しく異なるヨーロッパの銀の装身具

01_europe.png
腕飾り(セットジュエリー)
イギリス/19世紀後半/直径6cm
幅の広いヒンジ式バングル。
装身具の銀台にはピンクゴールドとイエローゴールドの
薄い地金による装飾が施されている。
モチーフは当時流行していた歴史主義様式のひとつである
ゴシック趣味の模様。そこに写実的な花びらが添えられている。
02_europe.png
メッセージ・ジュエリー
イギリス/19世紀末/長さ5.8cm
メッセージ・ジュエリーとは、言い伝えのある物や模様で
メッセージ(伝言)を表したジュエリーで、ブローチが多かった。
これは錨(いかり)形のブローチで、
錨はさまよう霊魂を安定させてくれるところから希望を意味する。
03_europe.png
ベルト・バックル(腰飾り)
イギリス、他/19世紀末~20世紀初め/幅11cm
女性のベルト用の銀バックル。
イギリスまたはフランスのものと思われる
アールヌーボー様式のバックル。1890年代から1910年代のもので、
波打つような曲線のフレームに可憐な小花を組み合わせてある。
04_europe.png
腕飾り
ブルガリア、他/19~20世紀中頃/直径約6cm
オリジナルはブルガリアだと思うが、
類似のものが他のバルカン半島諸国にも見られる。
これは中空の作り。外側を鋳造で作り、
後で内側に銀板をろう付けしたようだ。一部金めっき。
このブレスレットは形がユニークなためか、
バルカン半島のみならず、その他の地域にまで持ち運ばれている。
05_europe.png
コインの耳飾り
ブルガリア/20世紀初め〜中頃/コイン直径1.8cm
ブルガリアのフェルナンド一世の肖像が描かれた
銀コイン(1912年発行)の耳飾り。
上部は細線細工で装飾され、耳につけた時
コインが揺れるように作られている。

南北アメリカ

装身具で主張する先住民のアイデンティティー

01_america.png
首飾り(スクォッシュ・ブロッサム)
アメリカ南西部(民族:ナバホまたはズニ)/20世紀後半
全長27cm
「スクォッシュ・ブロッサム」と呼ばれる花形飾りのネックレスは
ナバホ族、ズニ族などのネイティブアメリカンの好むデザインモチーフ。
トップの三日月形の飾りは「ナジャ」と呼ばれ、繁栄の象徴とされている。
トルコ石が数多く使われているこのネックレスは女性だけでなく男性も
身につける。使われているトルコ石は、ネバダ、アリゾナ、ニューメキシコ、
コロラドなど、アメリカ南西部州の鉱山から採掘されるもの。
ここから採れる豊富なトルコ石が独自のターコイズ文化を作った。
02_america.png
髪飾り
アメリカ南西部(民族:ナバホ)/20世紀後半/長さ7.7cm
トルコ石を飾った櫛タイプの髪飾り。近年のものだろう。
ツーリストアイテム(旅行者の土産品)としても人気がある。
飾り櫛の歯は合成樹脂。
03_america.png
北西海岸先住民の装身具
アメリカ北西海岸/20世紀後半/幅5.5cm
アメリカ北西海岸沿岸部に生活する先住民の銀の装身具。
彼らはタガネで模様を彫ること(彫金)に関して卓越した技術をもっていて、
崇拝する動物を刻み込んだブレスレットの他、
さまざまな装身具を作っている。
このような装身具作りは19世紀には始まっていたといわれる。
これはシャチがモチーフのブローチ。
シャチは海の守護者で、良い事と長寿のシンボル。
04_america.png
スプーン形肩掛け留め(トゥポ)
ペルー、ボリビア(民族:ケチュア、アイマラ)
19世紀後半~20世紀中頃/長さ21.2cm
アンデス地域の女性が用いた独特のスプーン形肩掛け留めトゥポ。
太陽をモチーフにした彫刻のあるトゥポで、
両側にも小さなトゥポが付いている。
作り方もいろいろ。これは鋳造による作りで石は色ガラス。
05_america.png
腕飾り
ペルー/20世紀中頃/直径6.5cm
開閉式の留め金具(ヒンジ)の付いた
かなり幅広のバングルタイプのブレスレット。
こうしたブレスレットはぺルビアン・ブレスレットと呼ばれるもので、
インカ以前のチムー文明の黄金細工や民族服の女性やリャマ
(またはラマ。羊や馬にかわる南米のラクダ科の家畜)まで
さまざまなアンデス文明関連の模様が描かれている。
模様は浮き上がって見えるが、これは打出しではなく、
切り抜いた模様を後からろう付けしたもの。

『神々の宿る銀』本書の紹介

神々の宿る銀表紙

著者プロフィール

露木 宏 Hiroshi TSUYUKI

装身具史研究家、日本宝飾クラフト学院理事長、NPO法人宝飾クラフト教育振興会会長。ジュエリー文化史研究会主宰。1947年、神奈川県生まれ。1970年、立教大学卒業。

◉展覧会協力「日本のジュエリー100年」展(2005年、東京都庭園美術館)、「世界の民族装身具」展(2007年、ミキモト真珠島・真珠博物館)、「日本の宝飾のあゆみ250年」展(2009年、ミキモトホール)、「アジアのシルバージュエリー」展(2010年、ミキモトホール)、「聖なる銀 アジアの装身具」展(2011-2012年、LIXILギャラリー)等への出品協力と企画、監修。「宝石サンゴ」展(2011年、国立科学博物館)特別協力。

◉著書『日本装身具史』(編著/美術出版社)、『ジュエリーの歩み100年』(共著/美術出版社)、『聖なる銀 アジアの装身具』(共著/INAX出版)、その他『宝飾クラフト技法の実際』(美術出版社)、『新版 ワックスモデリングの基本』(繊研新聞社)等、ジュエリーの技法書・専門書多数執筆、監修。

◉ゼミ「日本の装身具ハンドリングゼミ」「世界の装身具ハンドリングゼミ」(ジュエリー文化史研究会 http://www.j-bunka.jp

著=露木 宏/写真=木村直軌
定価=本体3,000円+税/B5変型判/180頁(オールカラー)
ISBN978-4-88124-290-2
発行=繊研新聞社

もくじ

◉はじめに

伝えたい、銀の伝統装身具の装いと心

◉なぜ銀の装身具で飾るのか

  1. 1.自己を美しく装うため
  2. 2.邪を払い、招福を願って
  3. 3.信仰・宗教の証として
  4. 4.財産(動産)として
  5. 5.民族のアイデンティティーさらには民族の誇りとして

◉銀の基礎知識

  1. 1.銀の性質
  2. 2.銀の加工・装飾技法

◉世界各地域の銀の装身具地図

◉世界の伝統装身具図鑑〈地域別編〉

  • ・東アジア 47点(中国、中国南部、韓国)
  • ・東南アジア 38点(タイ、ラオス、ミャンマー、インドネシア)
  • ・ヒマラヤ地域 20点(チベット〈中国領〉、ネパール、ブータン)
  • ・南アジア 46点(インド、パキスタン)
  • ・中央アジア 37点(トルクメニスタン、ウズベキスタン、タジキスタン、カザフスタン)
  • ・西アジア 59点(イラン、イラク、トルコ、コーカサス地域、サウジアラビア、オマーン、イエメン)
  • ・北アフリカ 73点(エジプト、スーダン、モロッコ、アルジェリア、モーリタニア、ニジェール、マリ)
  • ・ヨーロッパ 33点(イギリス、ブルガリア)
  • ・南北アメリカ 54点(アメリカ、メキシコ、グアテマラ、ペルー、ボリビア、エクアドル) 計407点

◉Essay|銀装身具の文化と魅力

  1. 1.身を守り、幸せをもたらす銀
  2. 2.銀の価値は美しさにある
  3. 3.Pt、WGの登場と銀装身具の将来
  4. 4.どんな貴金属よりも体にやさしい銀
  5. 5.装飾にも素材にもなる「銀貨」
  6. 6.日本の銀と装身具文化

◉おわりに/引き継ぎたい伝統装身具のスピリット