Project Description

日本宝飾クラフト学院 高等部卒業と同時に高校も卒業

日本宝飾クラフト学院 高等部は、ジュエリー・アクセサリーを学びながら高等学校の卒業資格が取得できる、ジュエリー・アクセサリー専門の通信制高等学校のサポート校です。

提携の通信制高等学校は学校法人 鹿島学園高等学校。学習面や生活面でサポートを受けながら安心してジュエリー・アクセサリーを学び、プロへの第一歩がスタートできます。

日本宝飾クラフト学院高等部に入学と同時に、鹿島学園高等学校通信制にも入学。

ジュエリー・アクセサリーの授業を受けながら、高校卒業に必要な74単位の学科授業を学院内で受講することと、1年間に数日間のスクーリングを受講すること、3年間在籍することで高校卒業資格が得られます。

学校生活

高等部は、週4日通学(内1日は半日授業)。

ジュエリー・アクセサリーの制作やデザインを中心に学び、週1回高等学校のレポート作成を行います。

ジュエリー・アクセサリーのデザインや制作はクラフト学院のプロ講師が、 レポート制作は、鹿島学園の先生が指導します。

高等部在校生に聞きました

小さい頃からアクセサリーがすごく好きで、いつか自分で作れるようになりたいと思っていました。高校進学を考えていたとき、自分の好きなことができる学校があるのを知り入学を決めました。

3年間がんばって、自分で作ったジュエリーやアクセサリーをいろいろな人達に身につけていただけたらといいなと思っています。

好きな授業は、貴金属加工です。
金属を糸ノコで切ったり、ヤスリで削ったりロウ付けして作品を作っていくのが楽しいです。

2年次には、国家検定の技能検定3級にも挑戦、合格して「貴金属装身具技能士3級」の資格を取ることができました。(写真は入学後10か月時点での作品)

高等部で学ぶカリキュラム

ジュエリーアクセサリーのカリキュラム

ジュエリー・アクセサリーの制作・デザインの授業は、全日制学科・総合学科のカリキュラムに準じます。
実践的カリキュラムで、プロのデザイナー・クリエイターになるための技術を身に付けていきます。
全日制学科・総合学科のページも併せてご覧下さい。

高等学校のカリキュラム

高等学校の卒業資格を取るためのカリキュラムは、基本的には全日制の高校と同じです。
大きく異なるのは、全日制高校は、「学年制」というシステムなのに対し、日本宝飾クラフト学院高等部は「単位制」という点です。
単位制は、必要な単位を学年の区別なく積み上げていくシステムになっています。
単位をとるためには、レポートの提出(添削指導)とスクーリング(年2~3日)の受講が必要です。
また、英語や国語などに科目に加え、ジュエリー概論や、宝石学などのクラフト学院独自科目も高校卒業単位として認められています。

<履修科目例>
1年目(25単位)
英語Ⅰ、理科総合A、国語総合、体育Ⅰ、保健Ⅰ、現代社会、世界史A、総合学習、ジュエリー概論Ⅰ

2年目(25単位)
オーラルⅠ、倫理、数学Ⅰ、体育Ⅱ、保健Ⅱ、音楽Ⅰ、総合学習、ジュエリー概論Ⅱ、宝石学Ⅰ

3年目(24単位)
家庭基礎、情報A、政治経済、日本史B、生物Ⅰ、総合学習、ジュエリー概論Ⅲ、宝石学Ⅱ

募集要項 出願から入学までの流れ

開講校舎=東京本校、横浜校(横浜校は週1回本校で授業があります)、名古屋校

出願期間=<新入学>4月入学の場合:6月~翌年4月1週目
10月入学の場合:4月~10月1週目
<転入学・編入学>随時

出願資格=中学校卒業見込みの方、または中学校を卒業した方(年齢不問)

入学区分
新入学生・・・ 中学校新卒者または既卒者で高等学校へ進学しなかった方
転入学生・・・ 現在、他の高等学校に在籍の方で、本学院に転校される方
(現在までの在籍期間・取得単位を持ち越せます
編入学生・・・ 他の高等学校を中退した方
(中退までの在籍期間・取得単位を持ち越せます)
願書提出1
日本宝飾クラフト学院 高等部
願書提出2
鹿島学園高等学校
選考料8,000円お振込

願書を郵送もしくは持参

書類審査
担当講師と面接
鹿島学園高等学校への出願方法の説明

合格した場合以下をお送りします
・合格通知
・クラフト学院の学費請求書
同封の郵便振替用紙で検定料1万円を納め受領書を願書の裏に貼る

必要書類の準備
新入学生、転入学生、編入学生で、それぞれ提出書類の種類が異なります。
出身中学校や以前の在籍高等学校で発行する必要のある書類もあります。
詳しくは、鹿島学園高等学校にお問い合わせ下さい。

同封の返信用封筒で鹿島学園高等学校に郵送

 

日本宝飾クラフト学院 高等部学費

1年次
2年次
3年次
入学金
150,000円
授業料
525,000円
525,000円
525,000円
施設費
55,000円
55,000円
55,000円
合計
730,000円
580,000円
580,000円

※検定費用 45,000円
※工具・テキスト代 約142,000円
納入方法 一括 2分納 4分納(分納手数料2,500円)
教育ローン 日本政策金融公庫、他

鹿島学園高等学校 学費

1年次
2年次
3年次
入学金
50,000円
施設費
24,000円
24,000円
24,000円
授業料
54,700円
54,700円
52,512円
合計
128,700円
78,700円
76,512円

 

※上記は、1年次:25単位、2年次:25単位、3年次:24単位の場合の学費です。
※テキスト代 約3,000円/年
※上記の授業料は、高等学校就学支援金が適用された場合の金額です。就学支援金適用のためには、申請書の提出が必要です。(世帯年収350万円程度未満で加算支給が認められた場合、授業料が無料になります。)

提携高等学校

提携校の鹿島学園高等学校は、学校法人の高等学校です。全日制コースは、茨城県鹿嶋市にあります。サッカーやゴルフの強豪校として知られています。

2004年より「生徒ひとりひとりが自分を見つめ直し、次の一歩を踏み出す足がかりをつくること」を目的として通信制を開設しました。

学校法人 鹿島学園高等学校
(広域性・通信制・単位制)

本校所在地 茨城県鹿島市田野辺141-9 TEL 0299-85-2020
東京事務局 東京都千代田区神田岩本町1-5 TEL 03-6802-5446
http://www.kg-school.net/